へっぽこ釣り師日記店主(村岡忠勇)と弟(村岡泉)の釣行情報を主に紹介しています。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
入江地区ハゼ釣り大会 20:17
清水区の入江地区は巴川が地区の真ん中を流れているため
地区独自で毎年ハゼ釣り大会を実施して来ました。

今年は第10回目を数える記念の年です。
10月1日朝、晴天のもと、120人の参加者と20人以上のスタッフが集合太陽



       開会式で役員からあいさつ


旧国道1号線の橋の下流から300Mの間の両岸が大会エリアです。
9時スタートから11時の終了までの2時間で
50匹も釣った人もいました。



       江尻小学校から上流方面



       江尻小学校前から下流を見たところ



       対岸から江尻小学校を見ると


今日は平均的にみんなに釣れて、2匹同時に釣れることも多かったです。
型も最大15僂肇魯爾任呂泙,泙,離汽ぅ困任靴いいね



       型はなかなかです



       大会終了で計量中



       スタッフ大澤氏のお話



       表彰式



       子どもの部・優勝者拍手


この大会が10年間も事故やトラブル無く続けてこられたのは
車両の通行警備など、多くの人の協力があってのことです。
今日も事故もなく終了することが出来ました。


かつては巴川が生活排水で大変汚れていて
魚の住める環境ではない時代もありましたが、
今はすっかり水がきれいになり、
魚もたくさんいる川となり、
とても素晴らしい事だと、区民として誇りに思います。

現在、巴川ではハゼ、フッコ、キビレ、キス、ナマズ、
ボラ、フナ、コイ、ウナギなどが釣れていて、
最近では関東地方からバスを仕立てて釣りに来る人もいるそうですバス

「ハゼ」といえば、「江戸前」というイメージですが、
清水のハゼは、昔の地名で呼べば 江戸前に勝るとも劣らない
「江尻前」(えじりまえ)とでもいうのでしょうか?

                      TADAO MURAOKA

| 川釣り | - | - | posted by blogmuraoka
9月の鮎 20:40
富士川支流の境川で山崎氏と友釣り晴れ


         (境川から富士山が望める)

先週よりも少し濁りがあり、水位も高め。
先客が一人いて、私たちが加わって3人で川を独占手


         (大事にしたい日本の里山)


         (稲刈りが始まった田んぼ)

10時にオトリを入れると10分もしないうちに来たのが
24儺蕁少し時間をかけ過ぎて引き抜く時に身切れ・・・

午前中山崎氏と私が6匹づつ。
夕方4時まででは山崎氏16匹、私14匹ピース
型は山崎氏の方が大きく、ほとんどが20冂兇─
しかもアタリの手ごたえが凄くて面白いグッド
この川は10月いっぱいまで掛るのでまだまだ楽しめそうで期待大音符

                       TADAO MURAOKA






            (24僂琉召鮖って自慢顔の私ですが・・・
             実は山崎氏が釣った鮎でした汗

| 川釣り | - | - | posted by blogmuraoka
富士川支流での友釣り 20:33

          釣り場から望む今日の富士山

台風5号は静岡県直撃は免れたものの、被害に遭われた地域の
方々にはお見舞い申し上げます。

紀伊半島の川の様子がテレビで映され、鮎はどうなったかな?と
そちらも心配していました汗

こちら静岡県は台風後の気象で今日の最高気温予報では37℃
妻からは川に半身浸かっていれば涼しいでしょうと言われますが、
イヤイヤ、川もなかなかの暑さです汗

今朝は釣り仲間のY氏と富士川支流への友釣り。
8時に出発したものの、但沼でダンプの大事故。
幸い渋滞にハマる前に知人から連絡が入り迂回路の山越えで
何とか9時に現場到着矢印上


         これから釣り場に入るY氏



         本流に合流する手前の富士川支流


9時半から釣り始め、以前から狙っていた小場所で1時間で5匹。
それも20儺びっくり

Y氏は続けて2匹バラし、オトリが弱って使い物にならなくなり
私の釣りたてを1匹進呈

ところが、昼食後は形勢逆転びっくり
15連チャンの入れ掛かり!!
結局納竿してみれば、私14匹、Y氏23匹。
型も良く、楽しい一日となりましたピース

                          TADAO MURAOKA


         私の釣果14匹!



         最大21僉!
| 川釣り | - | - | posted by blogmuraoka
第41回G杯争奪全日本アユ釣り選手権予選会 23:40
今年で41回目となる がまかつの鮎釣り選手権地方予選会が
伊豆・天城湯ヶ島の狩野川で開催されました晴れ


   競技開始前の説明会

主に県内からの64名の参加者を得て、朝7時に友釣りの競技が
スタートしました。しかし、朝は肌寒くて震えるような陽気で
釣果を心配したものの、大会中盤には今度は暑い位になり
水温も上昇しました。

今年は梅雨に入ってもほとんど雨が降っておらず、川の水位も
非常に低く、「青ドロ」が石に付いていて選手も苦戦していました。
運よくアユがまとまっている場所を見つけた人は、
上流、下流とも5匹で予選を通過しました。





昼11時15分〜13時15分の2時間で行われた決勝では、
上位3名が10匹(オトリ込み)を釣り上げる大接戦で
最後は重量での審査となりました。
この上位3名は全国大会への権利を得ましたばんざい


    上位3名の選手


    大会を見学に来た地元の子供たちと

私は行き帰りに狩野川の沿川を見ましたが、会場から下流には
一般の釣り人も非常に少なくて、8月〜10月には大物が釣れる予感が
します。しかし、これほど釣り人が少ない狩野川を見るのは
久しぶりでした。とにかくもう少し雨が欲しいところです。

                      TADAO MURAOKA
| 川釣り | - | - | posted by blogmuraoka
「独歩」の毛鉤 23:01
鮎のドブ釣りには欠かせない毛鉤。
中でも人気は「独歩」というブランド。


          「独歩」の毛鉤

当店では「独歩」の毛鉤を多数揃えております。
興津川では毎年の人気種は「岡林」系や「青ライオン」等。
人気種は入荷してもすぐに売り切れとなることが多く、
再発注してもすべて手作りのため、日数がかかってしまい
お客様をお待たせすることが多いです。
早めのご準備をお勧めします。


          「独歩」の岡林系も種類が多数

                    TADAO MURAOKA
| - | - | - | posted by blogmuraoka
| 1/42 | >>